読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

宇宙ファンが沸き立つ一冊「宇宙太陽光発電所」


RIMG0869


この本は「宇宙太陽光発電所」という本で、
先日ディスカヴァー・トゥエンティワンさんから頂いた。
著者は 松本紘(京都大学総長)だ。

タイトルにもある通り、
「宇宙に大型ソーラーパネルを設置した発電衛星を
打ち上げて宇宙空間で発電した電力を、マイクロ波に変換し、
電波の形で地球に送る『宇宙太陽光発電所』構想」について
紹介している。 

いま、国全体でも原子力発電の是非や、
自然エネルギー普及について議論が盛り上がっている。
政府、市民意外にも科学者側からの発信も大事だ。
えてして科学者からの発信は現実味に乏しい。
「宇宙太陽光発電所」も実現までの時間はかかりそうだが、
コンセプトを知っておくことは議論の前提となる。
また、まったく新しい示唆を与えてくれる。
「宇宙太陽光発電所なにそれ?」と思った人はググレカスぜひ本書を手にとってみてほしい。

詳しい技術開発の経緯についても
わかりやすく解説が書かれている。
さすがディスカヴァーさん!

ちなみに発売は26日から。
予約はできるみたいです。

宇宙太陽光発電所宇宙太陽光発電所
著者:松本 紘
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
(2011-06-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



ていうかマイクロ波送電技術って
ワイヤレス充電とかにも使える技術じゃなかったっけか。
個人的にはF-ZEROエフゼロ)の給油システムが実現してほしいなと思うが
みなさんはいかがだろうか。

私はこの本を宇宙教育プロジェクトで
関西方面のエリアを担当している佐野さんに紹介した。

佐野さんも「あれをやろう、これをやろう」と
盛り上がっていた。

そう、宇宙開発の話はいつだって私たちにインスピレーションを与えてくれる。
宇宙にはロマンがいっぱいなのだ、と改めて思った。

参考

ソニー、電源のワイヤレス化に成功--50cm離れた機器へ60Wの電力を供給




広告を非表示にする