読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

脱初心者への道 Rのグラフの日本語化

R

やっとできた〜!!(●′ω`●)

 

MacOSXのRでコンソール上では日本語使えるのにplotすると文字化けする場合の対処法 - konisimple log

 

RjpWikiの R2.7.0,Macintosh版でのグラフィック表示における日本語ではできませんでした(´・ω・`)

 

やり方

私の環境 Mac OSX 10.8の場合

テキストエディットを開き、以下をコピペ

setHook(packageEvent("grDevices", "onLoad"),
        function(...){
            grDevices::quartzFonts(serif=grDevices::quartzFont(
                c("Hiragino Mincho Pro W3",
                  "Hiragino Mincho Pro W6",
                  "Hiragino Mincho Pro W3",
                  "Hiragino Mincho Pro W6")))
            grDevices::quartzFonts(sans=grDevices::quartzFont(
                c("Hiragino Kaku Gothic Pro W3",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W6",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W3",
                  "Hiragino Kaku Gothic Pro W6")))
            # grDevices::quartz.options(family="sans")
        }
)
attach(NULL, name = "MacJapanEnv")
assign("familyset_hook",
       function() { if(names(dev.cur())=="quartz") par(family="sans")},
       pos="MacJapanEnv")
setHook("plot.new", get("familyset_hook", pos="MacJapanEnv"))

#setHook(packageEvent("grDevices", "onLoad"),function(...) grDevices::ps.options(family="Japan1"))

options(X11fonts = c("-alias-gothic-%s-%s-*-*-%d-*-*-*-*-*-*-*",
                          "-adobe-symbol-*-*-*-*-%d-*-*-*-*-*-*-*"))

setHook(packageEvent("grDevices", "onLoad"),
        function(...) grDevices::ps.options(family="Japan1Ryumin"))

これを保存するときに場所をホームディレクトリに設定

(ホームディレクトリとは User/hogehoge というフォルダのこと...らしい)

ファイル名は .Rprofile とした。

最初が"."のファイルは云々ていうメッセージが表示されるが気にせずOKを押す

これでできました。

 

検証には

> hist(rnorm(1000), main="日本語")

というコマンドを打ち、タイトルが日本語になってるか見ました。

その結果が次のグラフです。

f:id:y-shinozw:20130708002214j:plain

この設定前までは「日本語」と所が□□□になってました。

 

広告を非表示にする