リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

Inner Life of The Cellを超えるかもしれない日本発3DCG

東大医学部で研修医をやりながら医学3DCGを作っている瀬尾さんの新作が
Facebookのフィードで流れてきたので こちらにも貼っておく。


The Universe of the Cell 3D Short Version

というタイトルにふさわしく、細胞の中がイキイキと描かれている。
時間も 1:15 と手頃な長さなのがイイ
Inner Life of the Cellは長かったからね。
あとテロップが日本語なのでこれも日本語

それでは映像はこちら



音楽はニコ動で名前が売れているピアニート公爵だそうです。
余韻や雰囲気があって、よかったです。
 
Long Versionではもっとマニアックに
細胞小器官が描かれるのでしょうか。楽しみです。 

もちろんInner Life of The Cellも優れた作品です。
完全英語というところが日本人にとってハードルの高いところですが。。
久しぶりにこちらも見てみては?
広告を非表示にする