読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

文系・理系の平均年収で高いのはどっち?


京都大学の調査がでています。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/120410_2.htm 

これによれば理系の平均所得 624万円に対し、
文系数学未受験者は443万円です。

過去に文系のほうが平均所得が高いという
データを見たことがありましたが、時代が変わったんでしょうか。

個人的に注目したのは
京都大学の調査班が「正規・非正規雇用」に注目していること。

得られた知見

    • 理系学部出身者に関しては、物理を得意とする者が、化学や生物を得意とする者より初職においても大企業に正規従業員として就職する割合や、現職において役職者である比率が高く、所得も高かった。特に、すべての世代において、物理を得意としている者が相対的に低い非正規比率となっている点は注目される。最も若い世代では、物理と生物との非正規比率の差は7.2%まで開いている。
    • 文系学部出身者に関しては、大学入試において数学を受験した者が、受験しなかった者より初職において大企業に正規従業員として就職する割合や、現職において役職者である比率が高く、所得も高かった。
 
 日本の大卒者の雇用形態が
非正規に流れていることが論点になっているんですねえ。
広告を非表示にする