読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

Keynoteで動画は簡単につくれる

パラパラ漫画の要領でカンタンにつくれちゃうんですね。
やってみて、手軽さにびっくりしました。




(再生時間:44秒)

やり方は以下のとおり。


1.スライドを用意する

題材は都度えらべばいいと思いますが、
極力内容はシンプルなほうがいいと思います。
また、この手の動画の尺は1分超えないほうがいいと聞きます。
今回はリバネスで出版している「博士号の使い方シリーズ」を題材にしてみました。

keynotetomovie

今回使ったスライドのサムネイルです。
作るポイントはふだんのプレゼンテーションと変わりません。
気をつけたのは文字の大きさくらいですね。



2.アニメーション、トランジションを適当に設定する


ビルド

プレゼンテーションではあまりアニメはつけないようにしていますが、
動画にするなら話は変わってきます。
積極的に使いましょう。

タイミングの設定もかなり適当で大丈夫です。
アニメーションの設定が「クリック時」になっている場合でも
スライド切り替えから自動で作動するようになっています。

ちなみに円グラフは「回転&グロー」の効果を使っています。
棒グラフの方は「グロー」を使っています。
棒を一本ずつ登場させるには「表示方式:系列ごと」とすればOKです。

トランジションはKeynoteらしさを出したければ
「オブジェクトプッシュ」
「オブジェクトの拡大縮小」
「マジックムーブ」
この3つがオススメです。


3.QuickTimeに書きだす


書きだす

書き出しの設定は

書き出し設定

再生設定:固定タイミング
スライド再生時間:4秒
ビルド 2秒
フォーマット:CD-ROMムービー、中
にしました。
以上です。とってもカンタンですね。

次にやってみたいのは
  • 声を吹き込む
  • カメラ撮りした動画とつなげる
  • ワイプで喋ってる様子をうつしながら、スライド操作する
これで短めの宣伝動画以外にも
レクチャーの動画とかも作れるはず。

iWorkのアップデートはほぼ毎年あるようなもんなので、
次のアップデートではどんなことができるようになるかも期待大です。

iWork '09iWork '09
アップル(2009-01-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Apple Remote MC377J/AApple Remote MC377J/A
アップル(2009-11-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
広告を非表示にする