読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

ダメ出しの厳しさ

仕事が進みつつ、心を挫かないダメ出しの仕方を考えてみた。
 
シチュエーション

部下、何かつくる

→そのとき5つの要求基準があるとして、4つはクリア。80点の出来栄えだという自己評価を持つ
→上司に見せる
 
その後のパターンを選択して、上司は振る舞える。あなたはどっちが多いだろう

パターンA

上司「全然だめ!」
 
その心は、「5つの要求基準はどれもクリティカルであり、1つでも満たしていないならそれは仕事をしたことにならない
 
パターンAへの対応
→より高い基準をクリアできるようになろう
→悔しいから次は120点を目指そう
 
パターンAへの良くない対応
→こんなに頑張ったのに
→1つくらい抜けても大丈夫だろうに
 
この厳し目に当たるパターンも使えたほうがいい。気の弱い人は練習しよう。
 

パターンB

「なかなか良くできてるじゃないか。ただ、○○が足りてない」
 
パターンBへの対応
→よしよし上手くいった
 
望ましいその後
→すぐ直して、本件完了だ!
 
パターンBへの対応のその後(マズイ例)
上司「例の件、○○は直したか?」
「あっ」
 
世の中の「いい上司」本にはこっちのパターンがコーチングの手本として紹介されているが、ときとして威厳を身につける必要がある。逆にパターンAばかりやっている人はたまには懐柔策も使えるほうがよい。
 

結論

どっちも大事
 
 
 
 
 
広告を非表示にする