読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

理念vs理念 リバネスと、Singularity Univ.

似てるってRaymondが言ってたから、比べてみる。

 

書籍「Exponential Organization」によればSUの理念は

Our mission: to help people positively impact the lives of a billion people.

 

 

リバネスの理念は

科学技術の発展と地球貢献を実現する

英語: Advancing science and technology and achieve global happiness

 

 

けっこう素直に「あ、似てる」と思ったんですがいかがでしょうか。

SU本曰く、positively impact the lives の手段は技術(exponential technology)だと書いているので「科学技術の発展」と云う部分はとてもマッチしている。僕らが地球貢献とBigに構えている部分も、彼らが a billion people と言及していることでスケール感がマッチ。「地球貢献 (英語では global happiness)」は、positively impactに込められた意味と重なる。

 

違いはなんだろう。

リバネスは「科学技術の発展」におけるプレーヤーの1人だと思ってるから、SU のように to help とは言わないんだろうな。だからadvancingの主体の1人だし、achieveする主体でもありたい。

 

Anyway、世界中で共感されるようなMissionを、愚直に実現する組織でありたい。と思ったよレイモンドさん。

かつ、Expな成長を遂げるような存在でもありたいなあ。指数関数的な飛躍を遂げるには、Information technologyの上にのっかる「知識製造業」を行う必要があるっぽい。よりハードな頭脳酷使ゲームが待ってると思ったよ。知恵を貸してください。

 

ちなみにSU本はまだ英語だけですので興味あるかたはKindleなどで見てみてください 

Exponential Organizations: Why New Organizations Are Ten Times Better, Faster, and Cheaper Than Yours (and What to Do about It)

Exponential Organizations: Why New Organizations Are Ten Times Better, Faster, and Cheaper Than Yours (and What to Do about It)

 

 

それに比べて、リバネスの理念や駆動原理がわかる「熱」本は日本語です!

 

世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。

世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。

 

 

広告を非表示にする