読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバネス研究日誌(らぼのーと)

エッジが立ってると評判です

大実験教室展は「実験教室の見本市」 #daij2010

実験教室

出前授業が実際どのようなものか、見るまでなかなかわからないものです。特に企業による実験教室は、見る機会はなかなかありません。
そんな実験教室を一度にたくさん見られるイベントを行います。

その名も 大実験教室展 

https://www.leaveanest.com/exp2010/
RockMelt — 大実験教室展~本物の研究者を学校に呼ぼう~

 

大実験教室展〜本物を学校に呼ぼう〜とは



学校で学ぶ科学と実社会との結びつきをより密接に子どもたちに感じてもらうためには、科学技術を研究・開発し、世の中に送り出す大学、企業の協力が不可欠です。
また、科学技術の分野で活躍する大人と触れ合うことは、学習内容の理解促進だけに留まらず、子どもたちのキャリア教育としての意義も併せ持ちます。
最近増えてきた、企業や大学による出前プログラムってどんなもの?どのように連携すればよいの?という先生方と、
もっとよいプログラムを作って地域に貢献したい!という企業・大学とが一同に会する、新しい試みを始めます!
企業によるプログラムを体験してみたい方はぜひご参加ください。

 

概要

 

日程:2010年11月28日(日)
時間:09:30~16:30
場所:

パナソニックセンター東京 
東京都江東区有明3丁目5番1号

りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分 ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分)

会場地図

対象:

教員、教育関係者(児童、生徒の参加も可能です)

参加費:

無料

後援:

経済産業省・東京都教育委員会


たとえば社会科見学のように、たとえば職場体験のように、科学の授業でも大学・企業の研究や技術、大学や企業で活躍する「本物」にふれることで、科学を身近に感じ、興味を持つきっかけになるはずです。「どんなプログラムができるのか?」「どんな人たちに会えるのか?」身近な生活と科学をつなぐプログラムをじっくりとお楽しみください。

 

楽しみ方

 

その1:好きな時間割を作って楽しもう

プログラムの開催時間を見ながら、「時間割」を作り、実際に学校で実施している出前教室を体験していただきます。

 

その2:「本物」を学校へ呼ぼう

身近な技術を支える企業や先端の研究に携わる大学研究者を招き、学校の授業の発展や特別授業を計画してみませんか?

広告を非表示にする